事務所移転で経営を立て直す|安心と信頼のサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸で導入する方法

事務所

起業して経営するためにはオフィスが必要になるのですが、オフィスの種類はたくさんあるのでその中から自社に合った種類を見つけることが大切になります。主に自社ビルと賃貸オフィスの2種類があります。自社ビルは購入することで建物と土地を資産として計上できるので、他の企業から信用されて取引などがうまくいきやすいです。一括で購入することができなくてもローンを組むことで分割で支払いができます。しかし、大きな初期投資が必要になり企業の経営を圧迫してしまう可能性がかなり高いです。経営が悪くなったときに自社ビルを購入したときに発生したローンにより倒産してしまうこともあるようです。最近では初期投資を抑える企業が増えてきており賃貸オフィスを借りることが多いようです。賃貸オフィスは自社ビルに比べると購入する必要がなく、毎月決まった家賃を支払うだけで契約が可能となります。企業の経営がうまくいっていないような場合でも比較的借りやすいと言えるでしょう。賃貸オフィスを借りるときは不動産会社を利用することになります。不動産会社によってサービスなどの質が大きく変わるので、自分に合った不動産会社を見つけることが大切になるようです。見つけるときは電話で問い合わせをして電話応対などを確認してみるといいかもしれません。電話で言葉使いが悪かったり対応が不適切なときはこちらが損してしまう場合があるので、なるべく違う不動産会社を利用したほうが無難です。